ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月12日 (水) | 編集 |
久し振りにコレを読んだ。



 

 

北方謙三作「楊家将」



北方謙三と言えば、「三国志」や「水滸伝」を思い浮かべる方が多いと思うが、実はDeko8、北方謙三の「三国志」も「水滸伝」も読んでいない。他の作家が書いた「三国志」や「水滸伝」(それぞれ別の作家だけど)で、お気に入りがあるので、あえて読む必要がなかったというか、お気に入りと違った解釈をされたシーンとかが出て来たりしたら、完全にアウトだし...正直、北方謙三の小説に興味がわかなかったんだな。(紀行文とかは読む。)



で、一昨年、ふと立ち寄った本屋で(時間つぶしは必ず本屋!)、何気なく手に取って...他に欲しい本もなかったから、買ってみた。



・・・ドハマリ!



も、ラストは涙・涙・涙...



もっとタッパと大きい手が欲しかったと思ったことはあるが、男に生まれたかったと思ったことはあまりないDeko8。だが、これを読んだ時には本当に「あぁ、男ってかっこいいな!」とそう思ったのである。



戦国時代の中国大陸を描いた小説...諸々、楊家が取った戦略や兵士たちの育て方は、仕事に当てはめられる面が多くて、そういう意味でもドンピシャなタイミングで、私の手元に飛び込んで来た作品である。



久々に読んでも、やっぱ良い。



オトコタチガカッコヨクイキテル




変にオンナが出て来て、色仕掛けちっくなシーンがないのも(こういう小説にはよくあるシーン)、ポイントが高い!





そんなお気に入りがロープライス \1,-っちゅうのは、ちとショック?!

ということで、2日連続アフィリエイトサイトみたいなブログになってしまったが、お許しを...

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。