ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月24日 (月) | 編集 |
Twitterでも、ちょいとつぶやいたけれど、今日はお客さんに感情移入し過ぎて...自分が引きずられてしまったので、切り替えるためにも、全部、吐き出しときたい。なので、重苦しい病気の話。Deko8が自分の感情を吐き出すための独り言なので、重苦しい話が苦手な方は、ぶっとばして欲しい...



Deko8の周りには病持ちが多い。姉は繊維筋痛症でほぼ寝たきり、Deko8自身、『○年生存率』と表現されてしまう乳ガンを患った経験あり。(そのくせ、未だに酒もタバコも止められないでいるところが、末っ子気質?)



そんなDeko8が、この世の中に存在する病の中で最も残酷な病だと感じてしまうのが...







若年性アルツハイマー







渡辺謙主演の『明日の記憶』、韓流映画ではチョン・ウソン主演の『私の頭の中の消しゴム』(これは日本のTVドラマの映画化で、日本のドラマは永作博美主演の『PURE SOUL ?君が僕を忘れても?』)で描かれた病気である。



老人性の認知症(いわゆる“ボケ”)と違い、まだ働ける年代において、脳の萎縮が始り、人が『壊れて行く』...そんな病である。



Deko8の勤め先にも、その病を患っている方は数名いる。



その病を患っているある方が、今月一杯で、Deko8が勤めるフィットネスをヤメることを決断されて...そのこと自体は、「仕方のないこと」(進行性の病だし、ご家族やご本人が決めることだから)と受け止めていたのだが、今日、「体調が悪いから休む」と言っていたのに、もう一度、連絡をくれて...



「私、ボケちゃってて...休むって言ったけど、今月一杯でヤメなきゃいけないってお話になっていたと思うので、やっぱり行きます。」



この方、Deko8が初めてインストラクションした時に、メタメタだったにも関わらず...



「私、ボケちゃってて、何度もお名前をお伺いするかもしれないけど、でも、あなたの声、すごく好き。お名前は?」



メタメタで凹んで閉じこもろうとしている私に、わざわざ近寄って、声をかけてくれた方。この言葉に本当に救われた...なにせ、自分の声がコンプレックスになる寸前だったから!(理由は...ココではやめておく。長くなるから!)



ヤメることを決断された理由は若アル症状の悪化というよりも、併発しているウツには疲れが一番良くないってことなのだが...それでも、彼女はまだ幸運である。彼女の病気を夫も家族も受け入れてくれているから!



同じ病を患った妻を受け入れることができず、目を配ることも話しかけることすらもできない夫だっている。それを誰が責めることができるだろうか?



昨日まで、普通に話していた妻が、気が付けば、右も左も...自分が動かしているのが腕なのか足なのかすら、理解できなくなっていく現実。それを当たり前として受け入れるにはまだ若過ぎる。そう簡単に受け入れることなんて、仏にだって、キリストにだってできないだろう。ましてや、人間なのである。





はぁ、無力だ...





運動することで多少の進行を遅らせることはできる。

それにワクチンや、進行を遅らせる薬の開発も様々進んでいるが、日本で「普通」に処方されるようになるまで、どれくらいの時間がかかるのだろうか?



今まで様々な病気の治療においても見られたように...若アルに関して、医師会や薬業者の思惑で、有効と思われる治療法・薬の認可が、万が一、遅れるようなコトがあったら、絶対に厚生省を燃やしてやる!!!



人がココまで壊れていくのを見るのは、人としていたたまれないのだ。













表現が足らない部分もあるけど、



でも全部吐き出した!



今晩、ぐっすり寝たら、明日は頑張れる!!!



頑張らねばねば???



今日はもう寝る???



オヤスミナサイ???
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。