ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月20日 (日) | 編集 |
本当は別のコトを書くつもりだったのだが、はは、まとまらないので、こんなネタ。近所のスーパーでやってたのですよ、Deko8が心躍ってしまう...


古本市

こんなの、見ただけでウホウホしちゃう。(爆)


KC3H0021_s.jpg

KC3H0022_s.jpg


よくよく見るとね、自分が持っている本の初版本だったりが混じってたりするの。で、軽く斜め読みしたりすると、漢字遣いが変わってたりする部分に気が付いたりするんだよね~。

で、また逆に父の蔵書の方が、市に並んでいる版より古かったりすると、なんとなく“勝った”気がしたり...(バカです。)

で、さらに、こんなの見ると、「あぁ~、幸せ!」な気分になれる。



KC3H0023_s.jpg


もちろん、リアル・タイムでこんな時代のアサヒ芸能や週刊読売なんぞを読んでいた訳ではない。


誰かがずっと大切に保管してた...


というコトが、嬉しいのである。

自分でもよく分からんのだが、嬉しいのである。

幸いなことに、今日は財布の中に1,000円しか入れてなかったから、買い漁りはしなかったけど、給料日後もやってたら、うん、欲しいのは何冊かある!もし、給料日後にやってなかったら、ご縁がなかったということで?

こういう古本市での出会いは、本当に運。

焦らすのも、焦らされるのも、活字人生、楽しいもんだ...
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Deko8さんは本当に凄いですね!
少しは見習わないと…
お父様も本が好きだったんですね。その血筋かな?
古本で購入した物なんて宝塚の本くらい。
自分の好きなジェンヌさんの過去を知りたくて購入しました。
後はブックオフで小説買う位かな(^^:)
でも古本って持ち主の形跡が出て来て面白い。
走り書きしたメモが挟まっていたり
クリーニングのレシートも挟まってた事が(笑)

2011/02/20(日) 23:53:00 | URL | くーちゃん #-[ 編集]
はは、バレましたか...
私の活字中毒は、父からの遺伝です。父は、読むものがなくなると、姉のピアノ譜や私のバンド譜までも“読んで”ました。(笑)

そうそう、古本で買うと、メモ書きとかがあったりして、前の持主さんが見えたりしますね~。それも面白くて好きっ(爆)
2011/02/20(日) 23:59:39 | URL | TheDeko8 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。