ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月18日 (水) | 編集 |
またもや最近、愛読書と化した「図解雑学 よくわかる脳のしくみ」より...004173.jpg

こんな風に感じることはある人、多いんでないかいな?


「歳を取ったら、1日が短い!
1年なんてあっという間!!!」



それってね、“生活時間の密度”が関係してんだって。

どういうことかというと...


「あれもやりたい」「これもやりたい」と好奇心旺盛で、毎日、新しい発見があると、脳みそがその「新しい情報」を取り込むためにフル活動。結果、ドーパミン(興奮性物質)などが脳内放出されて、意欲・快感・記憶力を増大させ...それが行動を起こすエネルギーとなる。このエネルギー、使えば使うほど短時間にたくさんのコトを吸収、もしくは行動することができるので、その分(たくさん脳が働く分)、時間が長く感じられる。

だから同じ24時間でも子どもの生活時間の密度は濃く、1日が長く感じられる。(毎日が「新しい情報」だらけだから!)

それが段々と歳を取っていくにつれて、「新しい情報」という刺激が少なくなり、脳のエネルギーは使われず、1日に新しく吸収すること、もしくは新たな行動を取ることが少なくなっていき...つまり生活時間の密度は薄くなっていき、その分、時間が短く感じられる。



イメージ的には逆なんだけどねぇ...やることが多いから大人は「1日が短く感じられる」んだと思ってた。でも、実はその逆で「新しい情報」という刺激が少なく、脳みそにとっては経験値内での出来事だけに...



脳が退屈してるんだって!!!



「新しい情報」という刺激が無いから脳が活性化してない。だから「退屈」...ほほぉ?面白い。

確かに、諸々あって、転職してからのこの半年、その前の1年に比べると本当に長く感じている。考えるコト、悩むコト、そして覚えるコトも多く、↑の理論でいったら、今のDeko8は子ども環境。だからめちゃくちゃ長く感じているのかぁ...

うんうん、その半年の中でも経験値でこなせる時には1週間があっという間。だけど、色々と試行錯誤して新しいコトを「やろう!」と思っている1週間は長い...

脳みそって、すげぇなぁ~~~





ココカラハ完全な独り言...


それでも...

うん、それでも、自分が今でも一番大切だと感じるのは、やはりアノ場所である。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ、これテレビで誰かが言ってた♪
島田伸介だったかな~~?
私も逆だと思ってたからこれを聞いて
「なるほど~」と感心しました!
Deko8さんは長いと感じているんだあ
素敵な事ですよね~~!
濃い生活なんですね♪
私は・・・一日が瞬きするくらいの速さで終わる・・・
駄目ぢゃん!!

スキンヘッド!!かっこいい!!!
それで化粧ばっちりしている女性って憧れるううう(^^)
Deko8さんに似合いそう!!
ぜひジジババちゃん達に刺激を(笑)
2011/05/18(水) 23:52:03 | URL | くーちゃん #-[ 編集]
40を越えて初めて体験することが多い...ってことは、つまり、今まで
のんべんだらりと生活してたってことかも???(爆)
“濃い生活”...子どもの内は脳の体力もあるけど、この歳になると、そっ
ちの体力は、身体の体力よりガタ落ちしてるからねぇ...シンドイかもぉ?!

がはははは、スキンヘッドの時はスッピン...の方が迫力が出る。(笑)
でも、仕事してる時はしっかり化粧してヅラも被ってたですよぉ!!!
2011/05/19(木) 21:45:49 | URL | TheDeko8 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。