ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月13日 (月) | 編集 |
数年前のコトである。

友人の家族と一緒に大型スパに遊びに行ったコトがあった。
そのスパには色んなお風呂があって、がはははは、大人も“生まれたまんまの姿”ではしゃいじゃうような、そんな感じのスパで...

その友人のトコの長男は聴覚障害を持っていて、生まれた時からまったく音を知らずに育っていた。

その友人とは幼なじみで、こちらはあちらを“物心ついてから”しか知らないが、あちらはこちらをこちらに“物心つく前から”知っているような、そんな関係で、その長男については、自分の甥っ子のように...いや、間違ってるな...弟のように接してて!(笑)

ソイツも私を姉のように...いや、これも間違っている...ヤツは私をまるで同年代の友として扱っている。(T^T)

で、ヤツのために若干の手話を覚えているのだが(正確に表現すると、ヤツと私にしか分からん暗号のような手話...で、親たちにはほとんど分かんないらしい)、スパというモノを説明する際に使った手話が、失敗だったらしく...

ジェットバス...

スパのウリの一つであるそのお風呂について、ジェット機を表す手話とお風呂を組合せたんだと記憶している。

ジェット機とお風呂...

冷静に考えれば、「泡の出るお風呂」と指で表現すれば良かったのだろうが、なにせ、正確な手話を覚えたわけではない。単純な間違いである。

が、子どもは期待するよね?

ジェット機とお風呂???



空飛ぶお風呂だって...



そう思ったって無理ないよな???





私が悪かった!
はい、その日、ヤツは一晩中、すねて口をきいてくれまへんでひたわ!




今、ヤツは聴覚障害の原因となっている脳の手術を受けに渡米している。詳しいコトはよく分からないが、日本では難しい手術らしい。半年の準備期間を経て、明日がそのオペだそうだ。父親(つまり私の友人)も外科医なので、立ち会うとのこと。

ヤツの耳が聞こえるようになったら、それはそれですごく嬉しいこと。

でも、耳が聞こえないままでも良いから、とにかく無事に帰って来て欲しい。



とヤツの母親(友人の嫁にして、私の中学の後輩)に言ったら怒られた。

うん、それもそうだ。私が悪い...

ごめんなさい!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手術は無事おわったのでしょうか?
Deko8さんの気持ちもわかります
手術にはもしも、と言うものがゼロではありませんから
脳の手術・・どうか無事であってほしい
たとえ聴覚がもどらなくても命だけは、ってなってしまいますよね。
でも母としては、聴覚を取り戻すための希望の手術
きっと治る!と信じて受けるんですものね。
どうか成功します様に
祈ることしかできませんけど・・・
頑張ってほしいです
2011/06/14(火) 21:28:04 | URL | くーちゃん #-[ 編集]
ありがとうございます!
まだ、連絡がないけど、多分、悪いニュースならとっくに入ってると思うので、
無事だと思います。

早くまた会いたいんですけどね~~~、くそ生意気なヤツに!!!(笑)
来年、中学...まだまだいぢめてやるんだいっっっ
2011/06/14(火) 22:34:05 | URL | TheDeko8 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。