ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年09月03日 (土) | 編集 |
携帯を持たせた時には想像もしなかったことだが、母は携帯内臓のカメラを使って、写真を撮り、動画まで撮って...簡易デジタル・ライフを、ここ数年、楽しんでいたようだ。

「撮った写真をパソコンで観たい。」

と、ねだられたのは先月のこと。
ようやっと時間ができて、母の携帯のデータを確認したところ、予想外にデータが多くてびっくり!!!

メール・データ以外に多いのは、やはり“レオ”の画像。
まだ歩けた頃(=デブの頃)の画像から、介助が必要になった頃までたっぷり。

また、父の画像も多かった!
動画まであったんだな、これが...ははは、数年振りに父の声を聞いた。


母の携帯のデータ整理をしていて認識した事実...


 ① 自分がテンパッテる時期の部屋の散らかり具合
 ② 自分のファザコン度合


がはははは、うちの母、『不可侵条約』を結んでいるはずの私の部屋に時折、侵入しているらしい...ということは、もちろん知っていたのだが、まさか自分でも「ヤバイ!」と自覚し、必死に片付ける、その“直前”の爆悪画像を携帯で撮っているとは、予想外だじぇっ。

その画像を、どう使うつもりだったのか...想像を絶するところではあるので、観なかったコトにした!

んでもって...

自分がファザコンだという自覚は、正直、元からある。
父は完璧な人間ではなく、外面だけはいい頑固親爺で、「いい加減にしろよ!」と何度となく、何十回となく、何百回となく、殴り合いのケンカまでした仲ではあるが、多分、家族の中で一番、父と近かったのは自分で、父もそれを喜んでたことを知ってるからなぁ。

久し振りに、生ではないにしろ(生はもう二度と聞けないからねぇ!)、父の声を聞いて安心感を感じた自分。



やっぱり、相当な“ファザコン”なんだな、と再認識。(笑)





母の携帯、恐るべし...

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。