ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月07日 (土) | 編集 |
久々に読んだら、やっぱりハマった...

かわせみ
平岩弓枝著
『御宿 かわせみ』シリーズ...

東吾とるいの関係って、かなりDeko8的には理想とする「阿吽の呼吸」があって、ハマるんだよねぇ!

何度も何度も読んでるんだけど...

何度、読んでも人間模様が面白くて飽きない。

初めて読んだのは、大学生くらいだったろうか?
いや、真野響子の出てるドラマを観たあとに読んだから...

中坊の頃か!

うん、平岩弓枝って、オンナの目で人間模様を描くから、時に同性として辛いシーンとかもあるけど、やっぱり面白いなぁ。

これは、確かにNHKがドラマ化したくなる原作だと納得。

今までに何度かドラマ化された中でも、配役的好みは以下...

 庄司 るい = 真野 響子(1982年放映)
 神林 東吾 = 村上 弘明(1997年放映)
 畝 源三郎 = 平田  満(1997年放映)
 神林通之進 = 田村 高廣(1982年放映)
  嘉 助  = 笹野 高史(1997年放映)
  お 吉  = 結城美栄子(1982年放映)

沢口靖子・高島礼子扮する“るい”も、確かに好きではあるのだが、やっぱり真野響子の“るい”が、一番、原作の“るい”が魅せる表情に近い気がするのだな。特に「東吾の迷惑になるなら身を引く決意はあるが、でも、全身全霊をかけて今この時は一緒にいる。」って感情を素直に表に出せない“るい”の強情を感じられるのだよ。


沢口靖子はね...瞳がでっかすぎる!“るい”の瞳はシュっとしてて欲しい!
       (『科捜研の女』は好き。)

高島礼子はね...線が太いかな?受ける印象が“大地”。
       “るい”は“風”ってイメージなんだな、Deko8的には。



などと、勝手な御託を並べたが、もちろん、原作である小説が描く“るい”が一番好きなのである!

さ、これから眠る前の再読といこうか...
不幸中の幸いか、今、手元にあるのは2冊だけである。睡眠時間に影響はないだろう。





実は一度、全巻揃えたのだが、引越をする際に、手放したシリーズ。
Deko8的には、『ブルータス、おまえもか!』の心境だが...

悔しいから、3巻以降は古本屋で“美品”を探すことにする~~~(笑)


 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
寝不足じゃないですかあああああ(笑)
私は、舞台を見てから原作を読むってパターンなので
本のイメージと違うっ・・・・てなる
Deko8さんとは反対かな
もう俳優さんが存在してて
頭の中で動くって感じ(*^。^*)
2012/01/08(日) 20:55:21 | URL | くーちゃん #-[ 編集]
No title
入力し忘れた・・・
コメありがとうございます!!
実はカルボナーラを作るのは初めてだったんです(笑)
意外と簡単でしたよ!!!
2012/01/08(日) 20:58:06 | URL | くーちゃん #-[ 編集]
No title
あはっ、自慢ですが...Deko8、本読むの、めっちゃ早いです!
1冊読むのに、2時間くらいかな?
しかも、今日はお休みでしたから、寝不足ではないですぅ(^0^)

くーちゃんさんと同じパターンもありますよ。
先に映画とかドラマとかで観て、そっちが気に入ってしまって...
そのイメージを原作にかぶせて読むのも、面白いですよね!

お?初めてのカルボナーラがあんなにおいしそうに?
やっぱり、うちに嫁に来ませんかぁ???(殴)
2012/01/08(日) 22:26:39 | URL | TheDeko8 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。