ゆっくり... うん、ゆっくり... あせらないでいこう...
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月22日 (水) | 編集 |
このクリスマス時期に、必ず聴きたくなる曲。



『Do They Know It's Christmas Time』 by Band Aid








名だたるUKのミュージシャンたちが集まり、貧困に苦しむアフリカのために発売したチャリティ・ソング。ブームタウン・ラッツのゲルドフが発起人となって作られたこの曲の成功が、「We Are The World」につながり、そして、今も語り継がれる「Live Aid」につながっていった。



当時、高校生だったんだよね...



中坊の頃から組んでたバンドでは、ボチボチ、コピーじゃなくてオリジナルをやり始めていた頃で...



「We Are?」も名曲で、シンディ・ローパーのパートとか、今でも大好きだけど、でも...



私にとって...





『音キチってスゲぇッ』





と心震えたのは、やはりこの『Do They?』で...





<それ(飢餓の犠牲者)が君ではなく彼らだったことを神に感謝しよう>



これをボノが歌い上げちゃったんだから...。



しかも、この曲が成功してなかったら、全世界が中継でつながって、同じシーンを共有するなんてことは起こらなかった。チャリティがある種のブームとなってしまい、ブームが去った今、ミュージシャンがチャリティに参加するのは“当たり前”となってしまい、あり得ないメンバーが集まることも滅多になくなった...のは、残念だが!



でも、ほんとにあの時は、あり得ないことが起きてた!



あっという間に「Live Aid」が現実化してって...



最初は噂だったんだよ?



で、ほんとにできるの?



ほんとにこのメンバーが集まるの?



今みたいにネットなんかないから、雑誌とか新聞とか読み漁って!





正直、チャリティの結果云々ってことには、興味はなかった。(今も、結果にゃ、興味はあんまない。)

ただ、ほんとに「音キチってかっこいい!」って、そう本気で感じて、今現在もそのままの自分がココにいる。



自分がなにかしようとかじゃない。



きれいごとなんて言いたくないし、でも、



スゲぇもんはスゲぇッ




私にとってクリスマスってのは、それを自分で再確認する時期なのである まる


ちなみに、Wikiによると、オリジナルに参加したのは、以下の面々。



* フィル・コリンズ(ジェネシス)

* ボブ・ゲルドフ、サイモン・クロウ、ピート・ブリケット、ジョニー・フィンガーズ(ブームタウン・ラッツ)

* スティーブ・ノーマン、マーティン・ケンプ、ゲイリー・ケンプ、ジョン・キーブル、トニー・ハドリー(スパンダー・バレエ)

* ミッジ・ユーロ、クリス・クロス(ウルトラヴォックス)

* ジョン・テイラー、サイモン・ル・ボン、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラー、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)

* ポール・ヤング

* グレン・グレゴリー、マーティン・ウェアー(ヘヴン17)

* マリリン

* カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シボーン・ファーイ(バナナラマ)

* ジョディ・ワトリー(シャラマー)

* ボノ、アダム・クレイトン(U2)

* ポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)

* ジェームス・"JT"・テイラー、ロバート・クール・ベル、デニス・トーマス(クール&ザ・ギャング)

* ジョージ・マイケル(ワム!)

* フランシス・ロッシ、リック・パーフィット(ステイタス・クオー)

* ボーイ・ジョージ、ジョン・モス(カルチャー・クラブ)

* スティング(ポリス)

* デヴィッド・ボウイ

* ホリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)

* ポール・マッカートニー

* スチュアート・アダムソン、ブルース・ワトソン、トニー・バトラー、マーク・ブレゼジッキー(ビッグ・カントリー)

* トレヴァー・ホーン(プロデューサー)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。